廃棄物処理

 廃棄物とは、汚物又は不要物であって、固形状又は液状のものをいい、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、廃棄物処理法第2条第4項及び施行令第2条で定める廃棄物を産業廃棄物とし、それ以外の廃棄物を一般廃棄物としています。

 

 産業廃棄物の処理責任は排出事業者にありますが、自ら廃棄物を適正に処分することができない、処分場まで運搬する手段がない、あるいは廃棄物の収集運搬に人手を割くことができないという事業者が多いのも現実です。
 尚、産業廃棄物の処理(収集運搬・処分)を許可業者に委託する際、委託契約が必要となります(無許可営業は5年以下の懲役かつ1000万円以下の罰金(法人の場合は3億円)です)。

 産業廃棄物処理を委託する際は、必ず書面で契約しなければなりません。また、廃棄物を排出される際、マニフェストの交付が義務付けられています。

 

 一般廃棄物の処理責任は市町村にあります。生前整理や遺品整理の現場から排出された廃棄物は、家庭系一般廃棄物として処理しなければなりません(市町村によっては廃棄物の分別や処分方法がそれぞれ異なりますので、詳しくは各市町村にお尋ねください)。

 家電リサイクル法で指定されている廃家電(家電4品目)を無料で引き取る場合や、市場価格と照らし合わせて著しく廉価で買い取る場合は、市町村からの一般廃棄物収集運搬業の許可がなければ引き取ることができません。

 

 当社は、帯広市ならびに幕別町から、「遺品整理限定の一般廃棄物収集運搬業」の許可を受けています(メディア掲載実績参照)。これを機に、北海道内を中心に、【遺品整理限定の一般廃棄物収集運搬業の許可取得】の事例が幾つかあります。

 

※「遺品整理業務」と「一般廃棄物収集運搬業務」は全くの別物です。

 (行政機関も同じ見解を示しています)

「無許可」の回収業者を利用しないでください

  (環境省のHPへジャンプします)

家電製品は正しくリサイクル~違法な不用品回収業者に出さないで!

  (政府インターネットテレビにジャンプします)

正しくごみに出してください スプレー缶・カセットボンベ・使い捨てライター

  (政府インターネットテレビにジャンプします)

↓お問い合わせはコチラから↓

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

<更新履歴>

2017.11.07 会社概要更新

2017.11.05 講演更新

2017.10.04 料金一覧更新

リンク 

↓別窓で表示されます↓

帯広市

幕別町

帯広商工会議所

RKC(家電リサイクル)

JARS(自動車リサイクル)

遺品整理士認定協会
事件現場特殊清掃センター